我がペットと長生きする為の掟|フィラリアを知り予防薬を把握する

フィラリア症状と予防薬

女性と犬 フィラリアとはペットとして人気な猫や犬の心臓などの臓器関係に寄生する犬糸条虫のことであり、基本は蚊を経路として動物の体内に入っていき身体の中に子虫を産み付け繁殖させます。
病気の進行速度が早まり悪化しだすと血液の送り込む循環速度や循環が行き届かなくなり腎臓や心臓関連、様々な漸進的症状の病気を引き起こす原因となっております。

なお、寄生虫の成虫は白色に近い色をしていて細長いからだをしているのが特徴的であり犬以外にも猫やアザラシ、オオカミなどにも寄生し主に熱帯地域の暖かいところを好み生息しておりアメリカのテキサス州などではその感染率の高さから英語圏ではHEARTWORMとまで呼ばれている。

その恐ろしさから毎年絶対と言っていいほど予防しなくてはならない感染症の一つとして数えられており予防を怠れると気付かぬうちに重症化していき主な症状としては息切れ、腹水 腹部に水がたまることのどの渇き異常に水を欲しがったり機関紙性静脈系のkつ竜悪化が原因とされる咳さらには最悪死亡例も報告されています。

また、この病気は予防さえしていれば感染することはないとされていて主な治療法として挙げられるのは普段の生活の中で蚊がもっとも活発に活動すると言われている4月の下旬にかけて11月までに家の中又は水のたまりやすいベランダ、水回りなどに殺虫剤などで対処したり、卵から成虫に成長するのを防ぐため水をよくふき取り体に直接かける防虫剤などがもっとも効果的な予防策の一つといえることでしょう。

他には予防検査を受けることが選択肢にあり検査内容は犬の血液を注射などで少量とり陽性・慢性かまたは感染しているかどうかを5から10分以内という短時間で結果がわかり近年では1年にたった一度の診断で肝機能障害や感染経路などが診断できるようになってます。

インターネット社会の世の中、通販などでもフィラリア関連の予防薬も販売されており注射タイプ、のみクスリなどさまざまなタイプがあります。
値段は病院により様々でありまったく同じ薬であっても値段は上下します一般的には2000から3000円くらいとされていますが予防薬投与の場合5倍の値段はかかってしまいます。

ペットは人間と同じく定期健診は必要不可欠であり気になる症状が見られた際には早急に獣医さんの診察を受けることを強くお勧めします。

フィラリアの症状と予防薬の詳細を見る